一般社団法人設立のご挨拶


 2019年8月20日に千葉県アスレティックトレーナー協議会は一般社団法人として登記が完了し、一般社団法人千葉県アスレティックトレーナー協議会として新たに出発することとなりましたことご報告申し上げます。


本会は2010年の千葉国体において各会場へのトレーナー配置を目指し、2008年に任意団体として設立されました。千葉国体では24競技32会場で271名が国体支援トレーナーとして活動をし、千葉県が国体におけるトレーナー配置に向けた大きなきっかけを作りました。その後も本会は千葉県内におけるスポーツイベントの支援および千葉県内を中心に活動するスポーツ医・科学サポートスタッフの自己研鑽をする場を提供し、「人の繋がり」と「スポーツ現場」を大切にする組織「チームちば」として活動を進めて参りました。

これも設立時の会長である山本利春先生(現在本会顧問)やそれを受け継いだ岡田亨先生(現在本会顧問)を始めとした諸先輩の方々の「人のために尽くす」という熱い気持ちがあったからこそだと強く感じております。


 この偉大な諸先輩方から引き継いだ本会の次のステージとしては、設立時からの活動目的である「広く千葉県民のスポーツ振興と健康サポートに寄与する」ことをさらに拡大するためにも、アスレティックトレーナーが持つ人間性と高いヘルスケアプロバイダーとしての能力を学校現場およびジュニアスポーツ選手から一般の方まで広く提供するための基盤と仕組み作りを目指していきます。そのためにも、本会を法人化することで、さらに多くの仲間および諸機関との協力体制を強固にし、多くの方々が参加および一緒に活動をしたいと思われる会となるよう努めて参ります。


今後とも本会へのご協力ならびにご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

令和元年9月吉日
一般社団法人千葉県アスレティックトレーナー協議会
代表理事 笠原政志