チームちばスポーツフォーラム実施のご報告 

  本会が共催として携わっている「チームちばスポーツフォーラム」が令和元年12月1日(日)に千葉県スポーツ科学センターにて開催されました。


  本事業の目的は千葉県競技力向上推進本部が掲げる、マルチコンディショニングサポート事業【選手の日常的な強化活動をスポーツ医・科学的な側面からサポートし、選手・指導者の健康管理能力(怪我の予防・栄養の摂取・トレーニング処方等)】さらに充実させることで千葉県の競技力の向上を図ることを目的としています。


  特別講演では、日本福祉大学健康科学部教授の小林寛和氏に「愛知県のスポーツ医科学サポート-愛知県アスレティックトレーナー(以下AT)連絡協議会の活動を中心に-」についてご講演をいただきました。ATの任務と役割、そして愛知県AT連絡協議会の組織概要から国体における具体的な医科学サポート活動実績など幅広く貴重なお話を聞くことができました。


  パネルディスカッションでは、少年男子帯同ドクターの渡邉翔太郎氏、少年男子監督の田中章太郎氏、少年男子帯同ATの高嶋豪氏をパネリストとしてお招きして「千葉県サッカー協会におけるマルチコンディショニングサポート」についてご講演をしていただきました。参加者からは多くの質問が飛び、とても有意義なディスカッションとなりました。